金銭消費貸借契約 (きんせんしょうひたいしゃくけいやく) :不動産の総合サイト

金銭消費貸借契約 (きんせんしょうひたいしゃくけいやく) :不動産用語集

不動産売却・不動産査定ならウェブコンパス
ホーム
不動産査定
建築家とつくる家
内覧会立会い(住宅新築戸建て内覧会同行):不動産セカンドオピニオン
相続相談
不動産売却お役立ち情報
 
第三者運営の不動産なんでも相談(無料)

 
TOP 不動産お役立ち情報 不動産用語集

不動産売却・土地売却・不動産査定など、不動産に関する相談はルック不動産.COMにおまかせ下さい。

不動産用語集

不動産用語集 金銭消費貸借契約

 

金銭消費貸借契約

住宅の購入者が購入資金を銀行などの金融機関から借り入れる場合、金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。
一般的には、購入者は購入目的物である住宅を抵当として金融機関に差し入れ、金融機関がその住宅に抵当権を設定します。
金銭消費貸借抵当権設定契約では主に次の条項について取り決めがなされます。

  1. 借入金額、利率、返済期日、遅延損害金
  2. 延滞が発生した場合や債務者の信用状況の悪化が生じた場合の措置について
  3. 抵当権設定について
  4. 不動産が滅失した場合における追加担保の差し入れ
  5. 不動産の売却、賃貸借等の制限
  6. 火災保険への加入
  7. 保証人または保証会社による保証について
あなたの悩みは解決しましたか?

不動産の悩み、それでも解決しない方はルック不動産へご相談ください。