不動産鑑定・土地売買などについて

不動産の相続相談:不動産相談サイト
不動産の相続相談:不動産相談サイト
建築家とつくる家
内覧会立会い(住宅新築戸建て内覧会同行):不動産セカンドオピニオン
相続相談
不動産売却お役立ち情報
 
第三者運営の不動産なんでも相談(無料)

 

不動産は「効用」「希少性」「需要」などから価格・相場が決まってきます。
それらを総合的に勘案しながら、不動産の適正価格を決める専門家が、不動産鑑定士です。
いかに不動産鑑定についてまとめました。

不動産鑑定・土地売買はルック不動産.COMにおまかせ下さい。

不動産鑑定・土地売買に関するご相談

 

不動産鑑定評価とは

不動産の価格の形成過程を分析し、現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる市場で形成されるであろう、不動産の市場価値を表示する適正な価格を把握するものです。
かかる市場価値の把握は、近年、単に交換価値を求めることから、 利用価値に基づくものとして大きく変化してきています。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき実施される国家試験をパスし、国交省に登録された者です。
不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して不動産の有効利用を判定し、適正な地価を判断します。
この不動産の鑑定評価を行えるのは不動産鑑定士だけです。

鑑定評価の方式

不動産の鑑定評価の方式には、原価方式・比較方式・収益方式の三方式がある。
原価方式は不動産の再調達に要する原価に着目して、比較方式は不動産の取引事例に着目して、収益方式は不動産から生み出される収益に着目して、それぞれ不動産の価格又は賃料を求めようとするものです。

不動産鑑定と不動産査定の違い

不動産査定として一般的に使われているのは、近隣の取引価格や事例から対象不動産の価格を求めた流通価格です。不動産鑑定士が不動産鑑定評価を行なった不動産の評価額です。

不動産鑑定の相談窓口

 
PAGE TOP