相続相談受付中。相続に関するお悩み解消のために。
不動産の相続相談:不動産相談サイト
不動産の相続相談:不動産相談サイト
建築家とつくる家
内覧会立会い(住宅新築戸建て内覧会同行):不動産セカンドオピニオン
相続相談
相続について相談する
不動産売却お役立ち情報
 
第三者運営の不動産なんでも相談(無料)

TOP相続相談相続で財産を増やす極意

相続相談はルック不動産.COMにおまかせ下さい。

相続で財産を増やす極意
売買に関するポイント1

残したい土地と売却してもいい土地を見極める
相続税相当分だけ土地を売るなら誰にでもできるので、税理士だけで十分です。
また納税のことだけを考えると、いい土地から売却してしまえば簡単ですが、いい土地は残し、相続は通過点として長く維持していくことに価値があります。
それにはまず、残したい土地と売却してもいい土地に区別すること、それによって納税計画を立てることです。どちらを処分すべきか迷うような場合は、原則駅から遠いところから順に処分をしていくことをおすすめします。

売買に関するポイント2

相続、事業用、居住用財産の特例を上手に利用する
特定の不動産を売却した場合の軽減措置、その後あらたな償却資産に買い換えた場合の特例措置として、一定の要件を満たせば、土地や建物を売却した場合の譲渡税を繰り延べできます。特例によっては時限立法のため注意が必要です。
 (1)相続税の取得費加算の特例
 (2)特定事業用資産の買換え特例
        (3)特定居住用財産の買換え特例
       (4)相続により取得した居住用財産の買換え特例

売買に関するポイント3

不動産から不動産への組み替え(リッチ不動産=「立地」不動産)
不動産投資において収益を得るための第一条件は立地です。極端にいえば立地がすべてといっても過言ではありません。郊外の土地は、収益力が少ないのに保有コストが高いことに問題点があります。郊外の土地を積極的に売却し、(イ)買換え、(ロ)現金化、あるいは(イ)と(ロ)をバランスよく組み替えることで投資効率を高めることが大切です。なかでもやはり都内の収益物件を購入することが最も効率が高く、相続前に実行すると十分な節税効果が期待できます。

売買に関するポイント4

不動産から動産への組み替え(実生活に合わせて利用価値を高める)
元来財産は子供のために残すという考えが踏襲されてきましたが、生活スタイルの変化や核家族化、若年層流出による地方の過疎化が進み、老後を老人ホ−ムで暮らしたいという需要は増加傾向にあります。しかし資産状況が悪く、入居資金の捻出が難しい場合、多少抵抗感があるかもしれませんが、若いときに多少の無理をしてでも買った持ち家を老後の生活資金として売却することで、今後の実生活に生かす、といった資産のメンテナンスが必要です。所有と利用の分離、不動産は所有から運用へ、高齢化社会を迎えた今、自宅の売却も不動産の利用価値を高める効果的な方法の一つと言えます。

売買に関するポイント5

動産から不動産への組み替え
預金を多額に所有していても、低金利でほとんど運用できていない状況です。多額預金者にとって最も不安なペイオフも解禁になりました。また相続時、預貯金はそのままの額に相続税が課税される為、全くの無防備といっていい状態です。相続人にとってよい相続財産とは、相続税の負担が軽いことも一つの条件です。もはや借入がないことが美徳とされていた時代は終わったといえます。比較的安定して収益を得られる立地のよい都心の投資物件に組み替えることで、相続税負担のリスクを回避することができます。

相続相談を依頼する
PAGE TOP